ブログ BLOG

インプラント治療について

失ってしまった歯を補う治療法の一つです

失ってしまった歯を補う治療法の一つです

歯が欠けてしまったり、なくなってしまった状態を欠損歯といいます。この欠損歯の治療にはいくつかの方法があります。
その中でも、インプラント治療は審美性に優れ、固定性能が非常に高く、しっかりとした咀嚼ができるようになるというメリットがあります。

欠損歯の治療方法比較

治療方法
インプラント
インプラント
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
噛み心地

口内環境

耐久性

噛む力

外科手術

必要

なし

なし

保険・自費の選択

保険・自費の選択 自費診療のみ

選択可能

選択可能

インプラント
インプラント

人工の歯根(インプラント体)を顎骨に埋め込んで、その上に人工の歯を被せる治療です。もともとの歯と同じようにしっかり噛むことができ、定期メインテナンスを行えば長期間にわたり使用できることから「第二の永久歯」と表現されます。自己負担の治療になることや外科手術を伴うことから、しっかりとした歯科医院選びが重要になってきます。
当院では、安心の国産インプラントを使用しています。

ブリッジ
ブリッジ

欠損した部分の両端の歯を削り、連なった人工の歯をかぶせます。
入れ歯に比べ、装着時の違和感は少ないですが健康な歯まで削らなければならないというデメリットがあります。

入れ歯
入れ歯

レジンという樹脂性のものです。
保険適応治療となりますので、費用を抑えられるメリットがある一方、噛み心地を確保するためには細かなサイズ調整が必要になるなどのデメリットもあります

インプラント治療費

インプラントは自由診療のため、費用負担が伴います。
当院では、多くの患者さまにインプラントの噛み心地を体感していただき、
健康的な生活を送っていただきたいとの想いから、できるだけ治療しやすい費用に設定しております。